LE BOOKS

公共・小・中学校図書館を渡り歩くさすらい司書のブログ

トラウマ必至の児童書『電話がなっている』

f:id:saita-mariko:20210314085936p:plain

学校司書として勤務し始めた頃、図書室でなにげなくみつけた印象深い本があります。

『だれかを好きになった日に読む本』(きょうはこの本読みたいな)

シリーズもので「ケンカした日に読む本」「うそをついた日に読む本」などがあり、シチュエーションに合わせた子供向きのアンソロジーです。

いつも本棚の一番下にあったこのシリーズ、分厚いせいか残念ながらほとんど借りられることがありませんでした。

特に「だれかを好きになった日~」というタイトルがついたこの本は、恥ずかしくて余計手に取りづらかったのかもしれない。

そんな時、偶然ネットで「子供の頃読んでトラウマになった本」としての評判を目にしました。

この可愛らしい表紙からトラウマ…?興味深々で早速読んでみることにしました。

※ここから先は一部ネタバレあり。

あらすじ

中学3年の期末テストの結果によって、全ての人がランクごとに選別され将来を決められてしまう世界。

主人公と少女は、恋人同士でいつか幸せな家庭を築くことを信じて夢みていた。

少女に初潮が来た。

「早く大人になってしまいたい」と少女は音楽教師と関係を持ってしまう。
その次の日には主人公とも関係を持つ。

ある日、少女は事故に遭い足を切断することになってしまう。
身体に障がいがある者は高校に進学することが許されない。少女は最下位ランクになってしまう。

一番下のランクになること。

それは食糧不足の人類の為にある重要な役割を担うことを指している。

主人公は恋人と同じランクになろうと、テストを「白紙」で出そうと考える。
けれど、結局実行できずに一人テストに合格してしまう。

合格発表の夜、主人公の家の電話が鳴る。
主人公は、その電話が少女からだとわかっている。…が電話に出ることができない。

電話が鳴っている。

性描写がリアル

少女が主人公の前で「張り付いたナプキンを剥がす」シーンがやけに生々しくて…おぉ、これが児童書なのか…と衝撃を受けました。

「サロンパスのようなナプキン」
というパワーワード。
今の小学生、サロンパスわかるでしょうか。
少女が自分の股からバリバリナプキンを剥がすシーンがシュールすぎました。

ラストでわかる衝撃の事実

最下層のランクになってしまった人間のたどる結末が衝撃的なのです。
まさにホラー。子供の頃に読んだらきっと忘れられない。まさにトラウマになる児童書でした。
それでもタイトルは「だれかを好きに」なった時に読む本なのです。
タイトルにだまされて、キュンキュンする事を期待していたら色んな意味で裏切られる一冊。興味のある人はどうぞ。

話は逸れますが、同じくこの本に収録されている那須正幹さんの「The End Of the World」は個人的に大好きな話です。 実はこちらの本にも「電話が鳴っている」が収録されています。
図書館界では知らない人はいないという、赤木かんこさん編集…。こちらもアンソロジーだけど、なかなか責めてる本。ま、タイトルが『地球最後の日』ですからね。 ちなみ私が子供の頃よく愛読していた漫画家、曽祢まさこさんの作品も収録されています。
「The End Of the World」は核に侵された世界で、シェルターの中一人生き残ってしまう少年のお話。

ラストで物語の中に流れる「The End Of theWorld」の歌詞が「地球最後の日」の世界観に本当にぴったりで、もの悲しくなります。

この世の果てまで

この世の果てまで

  • カーペンターズ
  • ポップ
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

この話は文庫版でも出版されています。ミステリーあり、ほのぼのするお話ありでこちらもおすすめです。